日常の出来事、趣味の事、好きなモノの事、我が家のこだわりetc...。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホルンリサイタル
2008年10月25日 (土) | 編集 |
先週の金曜 『松崎 裕 ホルンリサイタル』 に行ってきました!

4ヶ月前にチケット予約、待ちに待ったこの日!
場所は大変お世話になっている練馬文化センター。(WCWEの演奏会会場)
職場から直接行くと微妙に時間が余る。
あちこちで買い物し満足♪

さて電車に乗ろうと思い検索。
有楽町から練馬って1本で行けるんだ!
東京の電車はすごいね~。←どこの人?
あーあ、有楽町線通学していたのになぁ。

会場でだんなさまと待ち合わせ。
ちょっと時間があるかな?と思い地下へ。(行っちゃいけない所です)
この日は某区民オケの練習があると聞いていたので、ちょっと覗きに行ってみた。
目的は、高校の恩師に会う事!
教育実習に来たい!と言った私のために、席を用意していてくれた世界史のY先生。
なのに私。。。
2年の時に教職課程を選択し忘れたために3年以降で授業を取れず・・・。
だって誰も教えてくれなかったし!←逆ギレ

その後、年賀状だけのお付き合い。
お互い音楽は続けているけど、オケと吹奏楽。なかなか接点はない。

ダメでモトモトと地下をうろつく。
若干不審者風の私。
諦めて上に戻ろうとした時、目の前に見たことある人が。
『Y先生ーーー!!!』
思いっきり叫んじゃった。
先生、すごくびっくりしてた(笑)
何であなたがココにいるの?って。
でもすぐわかったって言ってくれた。ホントかな?
あ、でも名乗らなかったけど名前で呼んでくれたな。

時間がなくて5分ちょっとしか話せなかったけれど、先生は全然変わらず!
若いし活き活きしていた。
定年されたはずだけど、全くそうは見えなかったよ。

ちょっとテンション高いまま会場へ。
ギリギリまで私が来なかったので、だんなさまはハラハラしていたらしい。
ごめんなさい。

さて、演奏開始!
前から5列目。
顔もお腹もよーく見える!感激!
HMV以来の近さだ

手に持ったパンフレット類がビリビリと振動してる!
すごい。
若干、調子悪そう?だったけれど、最初っから最後まで、あまり瞬きせずにジーっと見つめてました。
ああ、素敵
ホルンが小さく見える。

感想?
日本語難しいしバカなので、あーだこーだ言えません。
言葉にするとなんだか安っぽくなっちゃうし。

きっと皆、それぞれ趣味があって好きな音、好きな演奏は違う。
有名すぎる奏者ってファンも多ければ逆も多い。
関係ないけど、バボラークよりシュテファンドールが好きです。

松崎さん。
私にとってはストライクど真ん中なんですよ。
ノンビブラート、ありえないほどの音圧、ツボを刺激する表現。
どれをとっても鳥肌モノなのです。
ルックスもカッコよすぎです。
スヴェトラーノフ指揮、チャイ5のソロ、生で聴きたかったよーーー。

あ、もちろん、???って思っている方もいると思います。
あくまでも私の気持ちですから!

あーいいもん聴かせていただきました。

アンコールはオスカー・フランツの『無言歌』。
大好きな曲だし、演奏も一番感動した。
ちょっと泣きそうだった。

翌日、『無言歌』を吹いてみる。
3秒でやめました
あまりにひどかったので。。。

やめときゃよかった!
でもいつかワンフレーズだけでもあのイメージで吹けるようになりたいな・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホルンリサイタルー!!
私もその日に練馬行きました!!
お会いできませんでしたねぇ~i-181

松崎さん、ルックスもホルンも本当に素敵ですよね~i-176
終始ため息でした!

今度はアンコンでお会いしましょうっi-185
今年は木6で出ますi-273
2008/10/29(Wed) 13:10 | URL  | あつこ #-[ 編集]
あら残念
あの日は結構知り合いだらけだったみたいね(笑)

実は私、数年前から松崎さんの半追っかけ状態で、すでにサイン7個位持ってます。
この前は規制されていたけど、昔は一緒に写真もOKだったのになぁ。←宝物

松崎さんは、私の大好きなホルン仲間の師匠で、色々とエピソードを聞き出しては浮かれてますe-266

おっ!今年は木6?
時間大丈夫かな・・・。
楽しみにしてます!!
2008/10/29(Wed) 17:24 | URL  | ぶん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。